BATTLE LINE SIMULATION

Diary of a simulation game of Mobile Suit Gundam and making of a plastic model.

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< シナリオ14(No.6) 「迫撃!トリプル・ドム」(第24話)/[ジャブロー戦役] | TOP | シナリオ14(No.8) 「迫撃!トリプル・ドム」(第24話)/[ジャブロー戦役] >>

2012.04.20 Friday

シナリオ14(No.7) 「迫撃!トリプル・ドム」(第24話)/[ジャブロー戦役]

ブログランキング・にほんブログ村へ
0

    前回の状況

    40
    【第6イニング前半】

    (ガイア)
    「いけるぞ!
    もう一度ジェット
    ストリームアタックだ!!」


    ガイアの指示が飛び、再びガンダムへ向けて
    一列縦列で突撃をはかる‘黒い三連星’、3機のドム
    ----!! アムロ・ガンダムは敢えてバルカンで迎え撃たず、万全で身構える!!

    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    ▼ジェット・ストリーム・アタック‘2回目’▼

    ガイア機‘第一撃’拡散ビーム砲照射→ガンダム、回避するも目眩ましに遭う!
    ‘第二撃’マッシュ機、ジャイアントバズ→ガンダム、回避できず脚部損傷!
    ‘第三撃’オルテガ機、ヒートサーベルで斬り掛かる→接触戦、白兵戦へと展開、
    斬り結びは互角で双方被害なし!

    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

    41
    <ジェット・ストリーム・アタック‘2回目’/詳細>

    二度目の‘ジェット・ストリーム・アタック’敢行----
    ‘第一撃’ガイア機は思惑通り、拡散ビーム砲を浴びせる(距離1/最終命中数7)! ガイアは低出力の拡散ビーム砲照射による目眩まし効果をしたたかに狙ったのである----。

    (ガイア)
    「あぁ−! 俺を踏み台に
    したぁ−!?」


    ガンダムはこれを巧みに避けて、ビーム自体は外れ(出目10)、さらに…この一回の使用でエネルギー切れを起こした。 続いて、マッシュ機による‘第二撃’----ここもジャイアントバズを繰り出すマッシュ(距離1/最終命中数10)! ガイア機が前段で拡散ビーム砲を用いたことで、アムロの回避値には「+3」の不利的作用に加え、命中時被害判定では出目に「−1」の恩恵がある。 ガンダムは避けられず砲弾は命中(出目7)! シールド防御に成功したガンダムながら、11火力は有効打(出目4)となり、「移動不能(M)」判定から「脚部損傷(LD)」のダメージを負ってしまった(ガンダム以後:「移動力半減」+「機動修正値+1」)!
    ‘第三撃’のオルテガ機はヒートサーベルでガンダムへ斬り掛かった! 戦力比(総白兵戦値)はオルテガ機の「32」対ガンダムの「36」----接触戦での出目は互いに「11」(味方2機による白兵戦支援補正「+3」含む)と「3」により、白兵戦へ移行、出目はオルテガ機「11」(味方2機による白兵戦支援補正「+3」含む)対ガンダムの「8」----結果、双方被害なしで終え、真っ向相譲らずの両機! これによって、アムロ・ガンダムは‘黒い三連星’の誇る必殺フォーメーションを二度までも凌ぎ切ったのである----。



    <次回、第6イニング後半へつづく---->


    【専用フレーム付】トリプルドム‘ジェット・ストリーム・アタック’
    漆黒の中、メタリックが映える!!渋いお部屋に!!


    JUGEMテーマ:ボードゲーム

    2018.07.06 Friday

    スポンサーサイト

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    0

      21:25 | - | - | - | - | - |

      コメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://bl-simulation.jugem.jp/trackback/102

      トラックバック

      ▲top